音声ブラウザご使用の方向け: ナビメニューを飛ばして本文へ ナビメニューへ

用語の解説

 

老人訪問看護ステーション

 「老人・訪問看護ステーション」とは、老人保健法に基づく老人訪問看護制度(1992年4月)及び健康保険法等に基づく訪問看護制度(1994年10月)による給付として、在宅の寝たきりが寝たきりに準ずる状態及び疾病、負傷等により居宅で継続して療養を受ける状態にある者に、看護婦等(保健婦・看護婦・准看護婦(各士)・理学療法士・作業療法士)を訪問させ、介護に重点をおいた看護サービスを提供しようとするものである。

□制度のしくみ

〔設置主体〕

 都道府県知事の指定を受けた、国・都道府県・市町村・医療法人・社会福祉法人・その他厚生大臣が認める者(看護協会・医師会・日赤等)

〔対象者〕

 病気やけが等による寝たきりが寝たきりに準ずる老人、痴呆老人、疾病・負傷等による継続療養者(難病・重度障害、末期癌、精神障害者等)で医師の要指示者。

〔設置基準〕

 保健婦・看護婦・准看護婦(各士)を常勤換算で2.5人以上。理学・作業療法士は適当数おくことができる。管理者(適切な訪問看護が提供できる保健婦・看護婦)は設置義務があり、ステーションの運営とサービスを行う。

〔サービス内容〕

 療養士の世話、診療の補助(病状観察、清拭、洗髪、褥創の予防や処置、ターミナルケア・リハビリテーション、医療器具装着者の指導と管理、服薬管理、家族介護指導等)。

〔利用方法と料金〕

 図と表に示すように利用者はステーションに直接またはかかりつけ医師などを通して依頼する。

 料金は、訪問看護に関わる基本利用料(自己負担)と利用者の選択に基づく差額費用負担、訪問看護サービス以外の費用などがある。

(内田恵美子/(財)日本訪問看護振興財団事務局次長)

図 サービスのシステム

図 サービスのシステム

(財)日本訪問看護振興財団、パンフレットより

表(老人) 訪問看護療養費の概要(平成8年4月より)

老人訪問看護療養費

訪問看護療養費

①老人訪問看護基本療養費(1日) 看護婦(士)等 5,300円 ①訪問看護基本療養費(1日) 同左 
准看護婦(士) 4,800円
●厚生大臣の定める疾病等の拡大
 多発性硬化症、重症筋無力症、スモン、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、ハンチントン舞踏病、進行性筋ジストロフィー症、パーキンソン病(ヤールの臨床的程度分類のステージ3以上でかつ生活機能程度Ⅱ度又はⅢ度のものに限る)シャイ・ドレーガー症候群・頸髄損傷、人工呼吸器を使用している状態
●厚生大臣の定める疾病等の拡大 同左
●14日以内についての回数制限緩和
 急性増悪等により「特別老人訪問看護指示書」の交付を受けた場合、1月1回に限り14日以内について14日を限度として算定
●14日以内についての回数制限緩和 同左
●特別地域訪問看護加算(新設)
 厚生大臣の定める地域に所在するステーションにおいて、訪問に1時間以上要する場合は、特別地域加算として、1日につき所定額の 100分の50相当額を加算
●特別地域訪問看護加算(新設) 同左 
②老人訪問看護末期基本療養費(1日) 保健婦(士)・看護婦(士) 週3回目までの日 5,300円 ②訪問看護末期基本療養費(新設) 同左
週4回目以降の日 6,300円
准看護婦(士) 週3回目までの日 4,800円
週4回目以降の日 5,800円
●特別地域訪問看護加算(新設)
 同上
●特別地域訪問看護加算(新設) 同左 
③老人訪問看護管理療養費
 (1月の訪問日数によって月に1回算定)
1日の場合 7,000円 ③訪問看護管理療養費 ・初日の訪問看護の場合 7,000円
2日の場合 9,900円
3日の場合 12,800円
4日の場合 15,700円
5日の場合 18,600円
6日の場合 21,500円
7日の場合 24,400円 ・月の2日目以降の訪問の場合(1日につき) 2,900円
8日の場合 27,300円
9日の場合 30,200円
10日の場合 33,100円
11日の場合 36,000円
12日以上〃 38,900円
●寝たきり老人退院時共同指導加算 2,800円 ●退院時共同指導加算 同左
●24時間連絡体制加算(新設)
 電話等により看護に関する意見を求められ、常時対応できる体制にある場合算定(届出が必要)
2,000円 ●24時間連絡体制加算(新設) 同左 
④老人訪問看護情報提供療養費 1,500円 ④訪問看護情報提供療養費 同左 
●情報提供先の拡大 
 市町村、保健所、精神保健福祉センター
●情報提供先 同左 
⑤老人訪問看護ターミナルケア療養費

12,000円

⑤訪問看護ターミナルケア療養費 同左 
●算定要件の緩和
 死亡の前月に管理療養費を算定しており、かつ死亡前24時間以内にターミナルケアを行った場合に算定
●算定要件 同左 

【参考】

【参考】

●老人訪問看護指示料 300点 ●訪問看護指示料 同左
●特別老人訪問看護指示加算(新設)
 急性増悪等により特別(老人)訪問看護指示書を交付した場合に加算
100点 ●特別訪問看護指示加算(新設) 同左

 


 (財)日本障害者リハビリテーション協会発行
「リハビリテーション研究」
1996年8月(第88号)50頁~51頁