音声ブラウザご使用の方向け: ナビメニューを飛ばして本文へ ナビメニューへ

  

(公財)日本障害者リハビリテーション協会発行
「リハビリテーション研究 Japanese Journal of Rehabilitation」
2017年3月(第170号)

目次(カッコ内はページ番号)

■視点

精神障碍者のリハビリテーション 武田 雅俊  足利 学  大西 満  津田 勇人  酒井 浩  長辻 永喜  (1)

■特集 サービスの利用者が主役になる地域中心の総合リハビリテーション ―第39回総合リハビリテーション研究大会報告―

開催趣旨 松矢 勝宏  (2)

障害者をめぐる国際動向 ―「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を中心に― 松井 亮輔  (4)

障害者をめぐる国内動向の特徴  藤井 克徳  (6)

特別講演 当事者の立場から考える自立とは 熊谷 晋一郎  (8)

基調講演 サービスの利用者が主役になる地域中心の総合リハビリテーションの実現 ~東京都の特別支援教育をめぐる課題を中心に~ 松矢 勝宏 (11)

シンポジウムⅠ 共生社会の実現のために~総合リハビリテーションの発展に期待する~ 松矢 勝宏  (14)

分科会1 支援を必要とする子どもとその家庭への継続的な関わりをめぐって 増田 まゆみ  (18)

分科会2 発達障害のある大学生の支援をめぐって 吉川 一義  (22)

分科会3 コミュニケーション・意思疎通支援をめぐって(支援機器の活用を含む) 薗部 英夫  (26)

分科会4 障害者雇用における差別禁止と合理的配慮等の課題をめぐって 栗原 久  (30)

分科会5 介護予防をめぐる今日的課題  福島 忍  (34)

シンポジウムⅡ 地域包括ケアと地域実践に関する今日的な課題をめぐって ~高齢者、障害者、生活機能低下にある人等、サービスの利用者が主役となる地域中心の総合リハビリテーションをめざしている実践から~ 白井 幸久  (38)

■講座 障害者に関する統計の動向 第2回

障害統計の国際動向:国連国際障害統計に関するワシントン・グループ会議 北村 弥生  (42)

■文献抄録  (46)

■用語の解説

優生思想 冨永 健太郎  (47)

■学会・セミナー

発達障害児教育への支援~音声教材の有効性と今後の課題について~ 三崎 吉剛  (48)

第12回LLブックセミナー 吉田 くすほみ  (48)

■編集後記 松矢 勝宏  (表3)


主題・副題:リハビリテーション研究 第170号

掲載雑誌名:ノーマライゼーション・障害者の福祉増刊「リハビリテーション研究 第170号」

発行者・出版社:公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

巻数・頁数:第46巻第4号(通巻170号) 48頁

発行月日:2017年3月1日

文献に関する問い合わせ:
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1
電話:03-5273-0601 FAX:03-5273-1523