音声ブラウザご使用の方向け: ナビメニューを飛ばして本文へ ナビメニューへ

(財)日本障害者リハビリテーション協会発行
「リハビリテーション研究 STUDY OF CURRENT REHABILITATION」
1990年6月(第64号)

  巻頭言 津山直一
<特集>地域リハビリテーション
  ●大都市の地域に根ざしたリハビリテーション
小島蓉子
  ●〔WHO報告〕障害者の最適な地域ケア(要約) 上田敏
  ●デンマーク・アーハス市にみる重度障害者の自立生活
―重度障害者がマネジメントする地域ケア型介護保障―
新井宏
  ●機会の平等化におけるCBRの役割
―アジアの途上国を例として―
岡由起子
  ●メインストリームを目指すソーシャル・グループワーク
―その実践技術と教育方法―(抄訳)
Catherine P.Pappell
Beulah Rothman
<報告>
  ●OECD主要加盟国における障害者雇用・職業リハビリテーション対策の動向
安井秀作
■文献抄録
  ■用語の解説
最近の学会・セミナーから
  ●平成元年度職業リハビリテーションセミナー
内村令子
  ●1989年度精神薄弱者福祉連盟研修セミナー 松矢勝宏
  ●第4回日中医用工学・リハビリテーション工学シンポジウム 土屋喜一
  ●第4回日本精神保健会議 村田信男
  ●リハビリテーション工学国際セミナー1990 REIS-'90 森本正治
  ●1990年度精密工学会春季大会
  「生体へのアプローチ」、「福祉工学」セッション
米田隆志