音声ブラウザご使用の方向け: ナビメニューを飛ばして本文へ ナビメニューへ

(財)日本障害者リハビリテーション協会発行
「リハビリテーション研究 STUDY OF CURRENT REHABILITATION」
1994年12月(第82号)

  視点 初山泰弘
〈特集〉視・聴覚障害者と情報アクセス  
●特集にあたって
植村英晴
  ●点字図書の現状 田中徹二
  ●録音図書の現状 田中徹二
  ●放送による視覚障害者への情報提供 川越利信
  ●わが国の点字情報ネットワーク 牧田克輔
  ●視覚障害者のための情報機器の現状 井上英子
  ●図書館での聴覚障害者サービス 小川夏恵
  ●テレビの字幕・手話放送の現状 秋山隆志郎
  ●聴覚障害者と通信装置 岩渕紀雄
  ●手話通訳サービスの現状 石原茂樹
  ●字幕付きビデオ制作に係る著作権処理 中博一
  ●要約筆記派遣の現状 下出隆史
〈講座〉●SST第3回
  脳性まひ者のソーシャルスキル訓練
三ツ木任一
  ■International Magazines Review
  ■文献抄録
  ■用語の解説
最近の学会・セミナーから
  ●第8回地域リハビリテーション研修会
塚野信
  ●日本職業リハビリテーション学会第22回大会 坂本憲一
  ●第3回精神保健・福祉フォーラム 野口弘之
  ●第2回障害者地域リハビリテーションセミナー 杉本豊和
  ●第17回総合リハビリテーション研究大会 高濱潔
  ●第2回全国要約筆記指導者養成基礎講座 渡部芳博
  ■編集後記