音声ブラウザご使用の方向け: ナビメニューを飛ばして本文へ ナビメニューへ

(財)日本障害者リハビリテーション協会発行
「リハビリテーション研究 STUDY OF CURRENT REHABILITATION」
1984年7月(第46号)

〈特集〉
  第15回リハビリテーション世界会議
  1984年6月4日~9日
ポルトガル・リスボン
 1984年6月4日から9日まで5日間、第15回リハビリテーション世界会議が世界各国から2,000余人の参加者を集めて開かれた。日本からも60名を超える参加者があり、議長としてまた講演者として出席された方々も多かった。以下御出席された方々に、分担して会議の様子を御報告いただいた。
  第一日 澤村誠志
  第二日と第三日 奥野英子
  第四日 三澤義一
  第五日 五味重春
  職業セミナーと職業委員会 小川孟
  ICTA委員会 初山泰弘
  医学ワークショップと医学委員会 岩倉博光
  社会委員会関係の報告 小島蓉子
  世界リハビリテーション基金諮問委員会報告 小島蓉子
  レジャー・レクリエーション・スポーツ委員会 鈴木秀雄
  ジョゼフ・スタビンズ博士を迎えて 奥野英子
  3つの文化における臨床態度 Joseph Stubbins, Ph.D.
  各国の障害者の統計(I)